良い人間関係を築くために、相手のツボを押さえよう!

こんにちは!

プロサラです。

 

皆さんはこんなことを考えたことはないでしょうか?

周りの人と良い人間関係を築きたい、、、

上司・お客様に一目置かれたい、、、

 

私は、毎日思っています。

 

今回は、良い人間関係を築くために、私が意識している事を解説します。

それはズバリ、相手のツボを押さえることです。

 

 

相手のツボを押さえるとは、どのような事なのでしょうか。

 

相手のツボを押さえるとは、簡単に言いますと「相手を理解し、相手に合わせ、良い気持ちにする」ことです。

 

私も、様々な人と接してきましたが、人は必ず「クセ」があります。

行動のクセ・コミュニケーションのクセ・考え方のクセ等様々あります。

 

これは人により、千差万別です。本当に、少しの違いですが、この違いを押さえているかいないかは全く違います。

まずは、このクセ(ツボ)を知りましょう。

 

例えば、上司も様々な人がいました。

資料等の確認が、必ず期限の前日の上司。

期限が金曜なのにも関わらず、水曜には「あの案件の資料はどうなっているの?」と確認をしたがる人。

電話で必ずコミュニケーションをとりたい人。

極力電話でのコミュニケーションではなく、メールやチャットなどでコミュニケーションをとりたい人。

 

などなどです。

 

皆さん自分なりの考え・クセがありました。

相手のクセは、自分で直すことはできません。自分が合わせ、好かれた方が色々な事がしやすいです。

期限前に、確認する上司に対して「まだ期限が来ていないので、確認されても、、、」と初めは思っていましたが、自分が相手に合わせてスケジュールを考えることで、非常に仕事がしやすくなりました。

 

つまり、このクセを把握し、相手に合わせた行動(仕事の仕方)をすることで、相手に一目置かれ、非常に良い関係を築く事ができるのです。

まさに「痒い所に手が届く」と思われます。

 

上記以外にも私は、例えば話すペースや言葉選びを相手に合わせたりしています。

お客様との面談の際には、「次回連絡は電話がいいですか?電話であれば、どの時間がご都合が良いですか?メールが良いですか?」なども確認するようにしています。

 

また相手のクセ・ツボを押さえるのは、面白いです。

人間観察ですね。

 

皆さんの周りには、どんなクセを持っている人がいますか?

 

一度考え、相手のツボを押さえ、よい人間関係を築きましょう!

 

ではまた!