【書籍の学び】できる人は必ず持っている一流の気くばり力

こんにちは!

プロサラです。

 

今回は、最近読んだ書籍をご紹介します。

 

今回ご紹介する書籍は、安田正さん著「できる人は必ず持っている一流の気くばり力」です。

できる人は必ず持っている一流の気くばり力―――評価も、人望も、お金も引き寄せる (三笠書房 電子書籍)

 

シリーズ累計64万部を突破『超一流の雑談力』の著者である、安田さんの最新作で、読んだ、もしくは目にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

「気くばり」というちょっとした差が、圧倒的な差になるという、題名通り、気くばりの大切さ、具体的に何をすればよいかを解説してくれています。

 

今回は、こちらの学びを紹介します。

 

Ⅰ.結論

「気くばり」こそが、全ての仕事の土台であり、成果を生み出す「源泉」である。

 

著者によれば、一流の方々は、一人残らず「気くばり」の達人だというのです。

気くばりが出来ているため、居心地がよくスムーズに事が運び、好印象が残ります。そして、また仕事がしたくなるというのです。

 

確かにそうですよね。

一流の人たちと接すると、若輩者の私にも分け隔てなく接してくれ、「これしたい」とか「これやらなきゃ」と思ったこともすでに終わらせてくれていることが多いです。

 

Ⅱ.ポイント

1.常に一歩先を読む

企業のトップや何かを成し遂げる人は、つねに「一歩先を読んでいる」としています。それは、各方面への配慮や根回し等、万全の準備を整えているということです。

 

なぜそれが出来るのか?

仕事や職場を俯瞰してみていることがポイントと紹介しています。

 

本書では、特に報連相を事例に記載をしています。

 

2.地味な仕事も進んで行い、継続する

気くばりが出来る人ほど、みんなが嫌がる仕事や、誰も見ていない・褒められない仕事を進んでやります。

そしてそれを、継続します。

 

人が見ていない中で、人が嫌がるような仕事を続けるのは難しいですよね?

どうしても自分がしていることをアピールしたくなると思います。

 

ただ、この日々の小さなことを軽く見ない姿勢は、難しい局面で「逃げない」「ごまかさない」姿勢につながるというのです。

 

「誰かが見ているから」ではなく、やると決めてやる姿勢が重要です。

 

3.考えが違ってもすぐには反論せず、一度は素直に受け入れる

この「素直さ」が最大の宝として紹介されています。

人から何か言われたとき、面倒なことを頼まれたとき、嫌な顔をせず、素直に聞いているでしょうか?

また分からないことは、知ったかぶり等をせず、素直に人に質問できていますか?

プライドが邪魔をして、難しいこともあるでしょう。

 

「素直」は難しく、素直な人が少ないからこそ、素直さは武器になります。

 

 

さて、書籍の学びの一部を紹介しました。

 

本書では、この気くばりを、下記5つの切り口で行動に移せるように具体的に紹介しています。

1.俯瞰する

2.共感する

3.論理を通す

4.サービス精神を持つ

5.尊重する

 

また、各切り口のチェックポイントもついています。

 

気になった方、気くばりを身に付けたい方は、是非読んでみて下さい!

 

ではまた!