モチベーションの上げる言葉(NBA選手:レブロン・ジェームズ)

こんにちは!

プロサラです。

 

今回は、モチベーションの上がる言葉、第2弾です。

第1弾はこちらをご覧ください。

 

purosara.hatenablog.com

 

今回ご紹介するのも、アメリカのバスケットボールNBAで活躍するロサンゼルス・レイカーズレブロン・ジェームズです。

「キング」という異名を持ち、大変有名な選手なのでバスケをあまり知らない方でも、名前を聞いたことがあるのではないでしょうか。

数々の偉業を達成し、37歳の今もNBAのトップ選手として活躍しています。

自分を追い込み、また長期間活躍している秘訣として、ボディケアに年間1.5億円費やしているらしいです。

 

凄いですよね笑

年間1.5億円って想像もつかないです。

 

本当にプロフェッショナルな選手だと思います。

 

今回は、そんなレブロンレイカーズで優勝を果たし、通算4度目のファイナルMVPを獲得した際の会見での言葉をご紹介します。

 

(質問)

オーランドで家族と離れ離れになり、そしてこの国で多くが起きているなかでの優勝は、これまでの3度の優勝と比較すると?

 

(回答:レブロン・ジェームズ

どれも特別な優勝だと思っている。それぞれのシーズンで、コート内外でいろいろなことを乗り越えていった。

どの優勝がほかより大きいかという感覚はない。なぜなら優勝したときにまず考えることは、1年かけて自分がどれだけ打ち込んできたか、ということだからだ。どれだけのものを犠牲にしてきて、どれだけ自分のプレイを伸ばすことに献身してきたか。

チームメイトが喜んでいるのを見ること以外では、それが僕にとって一番充実感を与えてくれることだ。努力をし、この過程を信じて、過程を生きて、結果を見られるということだ。バスケットボール選手だけでなく、どんな人でも、どんな職業でも、どんな状況にいようと、努力を続けて、その過程を経て、そしてその結果を見るという瞬間のためにこそ、我々は生きているんだ。

引用:レブロン・ジェームズ インタビュー

 

めっちゃ感動的だと思いました。

そして、「バスケットボール選手だけではなく」という部分も本当にそうだと思います。

 

自分がどれだけの努力をし、その結果がどうなのかを見る。

 

皆さんも仕事のやりがいを感じる瞬間なのではないでしょうか。

苦労したプロジェクト・営業など、やり切った時の感動は言葉では言い表せないですよね。「このために仕事してる!」と思いますよね。

 

私自身は、転職したときに特に感じました。

多くの上司・同僚・後輩やお客様から、「本当に残念だ。ずっと一緒にやっていきたい」という自分には勿体無いお言葉を頂き、自分がやってきたことが間違っていなかったと感じました。

 

これからも、この充実感が得られるよう仕事に向き合っていきたいと思います。

 

ではまた!