学びの深さには段階がある、しっかり学びを深めよう!

こんにちは!

プロサラです。

 

このブログをご覧いただいている方は、モチベーションが高く、本を読んだり講演を聞いたり様々勉強をされていると思います。ただ、「学びの深さ」に関して意識されていますでしょうか。

 

もう少し言えば、「学んで終わり」になっていないでしょうか。

例えば、本を読んで読みっぱなし、講演を聞いて聞きっぱなしという様なイメージです。学びの深さにも段階があります。この学びの段階を意識することが大切だと私は思っています。

 

今回は、学びの深さに関して紹介したいと思います。

 

では具体的にどのような深さの段階があるのでしょうか。それは下記の通りです。

1.知る

2.分かる

3.行う

4.できる

5.分かち合う

 

それでは上から簡単に解説いたします。

1.知る

学んだ状態だと私は思っています。本を読んだ・話を聞いた後の状態です。

 

2.分かる

知った上で、「理解」した状態です。お分かりだと思いますが、「知っている」のと「理解している」のは違います。本当に自分の中で腑に落ちているか、自分の言葉で説明できるかが分かっているかのポイントです。

 

3.行う

行動している状態です。学んだことを行動につなげているでしょうか。そもそも学ぶのは今後に活かす為です。学んでも行動しなければ意味がありません。分かった上で行動しているか、ご確認いただきたいと思います。

 

4.できる

行動から「できる」までに落とし込んだ状態です。

早く・正確に行動できるというのもあると思いますが、「意識をせずに」行動ができている・身についている状態だと思っています。

 

5.分かち合う

自分ができたうえで、人に教えることができる状態です。

この状態に行くには、これまでの段階を積み重ねなければ困難です。

まず「分かり(理解し)」自分の言葉でしっかりと説明できるようにしておく。(言語化できている)自分が「行った(行動した)」うえで、「できている」ことが求められます。(自分ができていないと、人に教えても「ほんとか?」と思われてしまいます。)

 

さていかがでしょうか。

是非この学びの深さを意識しながら、様々なことを学んでいただきたいと思います。

ちなみに、ブログを書くというのは、学びを深める仕組みとして非常に優れているのでお勧めです。「分かち合う」に落とし込む仕組みとして大変良いツールです。 

 

もしよければ、是非ブログも活用して下さい。

 

ではまた!