はじめは量質転化を意識しよう!

こんにちは!

プロサラです。

 

今回は、「量質転化を意識しよう」というテーマです。

 

量質転化とは、「ある一定量を積み重ねることで、質的な変化を起こす」ということです。

つまり、初めはとりあえず行動し膨大な量をこなす。そして、量をこなしながら効率化や質の向上につなげていくということです。

 

現代は「質」や「効率」が問われる時代であり、この考え方は根性論の様でもあり、しかすると「古い考え方だ」と思う方もいるかもしれません。ただ、この考え方は非常に重要だと私は思っています。

 

実際に「1万時間の法則」という法則もあります。

ちなみに1万時間の法則とは、ある分野でスキルを磨いて一流として成功するには、1万時間もの練習・努力・学習が必要だというものです。エリクソン教授らの研究をもとに、英国生まれの元新聞記者、マルコム・グラッドウェル氏の著書『天才!成功する人々の法則』(講談社、2009年)(原題:Outliers: The Story of Success)によって広められました。

天才! 成功する人々の法則

 

この法則からも分かる様に、量は重要だということです。

 

なぜ重要なのか?

これは非常に簡単です。「量」であれば誰でも追及することができるからです。要は、「多く行動して下さい。」ということであり、行動量は「やるか・やらないか」という意識の問題で、自分でコントロールすることができます。

「質」をはじめから追求することは困難です。もちろん、「質にもこだわる」という意識を持つことや、初めからできるのであれば「質」にこだわることは非常に重要ですので、「質という考え方を持つな」とお伝えしているわけではありません。

 

私自身も基本的に量質転化型の行動をします。新しいことを始めるときは、とりあえず行動量を増やす。行動しながらもっと効率的に出来る工夫・質を上げるための工夫はないかということを考え、実践してみる。ということを繰り返しています。そうしていると、いつの間にか効率的な方法や質の良い仕事にたどり着き、生産性が一気に向上していることが多いです。

 

ここで一番のポイントは、「量を追求する」というのはもちろんですが、まずは「行動する」ということです。とりあえず動いてみることが重要だと思います。

 

さていかがでしょうか。

新しい期を迎え、はじめてのことに挑戦する方も多いのではないでしょうか。

 

是非、量質転化を意識し行動して下さい。

 

ではまた!

業務改善は小さなことから、パソコンを使いこなそう!

こんにちは!

プロサラです。

 

今回は業務改善がテーマです。

「業務改善」と聞くと、システム導入や業務の棚卸しを行い、業務フローを変更するなど大きなことをイメージする方が多いのではないでしょうか。

今回は、このように大きなテーマではなく「パソコンを使いこなす」ことが主要なテーマです。これには理由があります。その理由は下記の通りです。

1.塵も積もれば山となるという言葉があります。ホワイトワーカーにとってパソコンを使う時間はかなりの時間となっているでしょう。パソコン使いこなすことは、通算するとかなりの業務改善につなげることとなります。パソコンは「恋人」と言えるぐらい、パソコンを使っている人も多いのではないでしょうか。

2.大幅な業務改善はしにくいものです。自分が業務改善をしたくとも、システム導入や業務フローの変更は、関係者も多く簡単に行うことはできません。

 

Ⅰ.パソコンにおける業務改善のポイント

私がパソコンにおける業務改善をするにあたり、意識しているポイントは下記です。

 

1.同じ動作を3回以上繰り返した場合は、ショートカットが無いか調べる。

パソコンには多くのショートカットキーが存在します。ただし、全てを覚えている人は少ないと思います。もし同じ動作を繰り返した場合は、その動作のショートカットキーが無いかGoogleで調べるようにしています。

2.キーボードからなるべく手を離さないようにする

マウスを使う等、キーボードから手を離すこともあるのではないでしょうか。ただ私はキーボードから手を離さないということを意識しています。単純に、キーボードから手を放す→キーボードに手を戻すという動作に時間がかかるからです。

 

私は上記を意識しながら、パソコンを使いこなし業務改善をすることを意識しています。

 

Ⅱ.私が最低限お勧めするショートカット

様々なショートカットがある中で、最低限これは取り入れた方が良いと思っているショートカットを下記ご紹介いたします。

 

1.単語登録

これはよく使う言葉を登録しておく機能です。例えば私であれば、「い」と打ち変換をすると「いつもお世話になっております。」と出るように登録しています。これ以外にも、よく使う様な「○○会社の○○です。」や「今後ともどうぞよろしくお願い致します。」の様なよく使う単語を登録しています。

方法は、「パソコン 定型文 登録」で出てくるので是非調べて下さい。

 

2.ショートカットキー

私が使うショートカットキーの一部を下記、記載しておきます。

(1)アプリやウィンドウを切り替える → Alt+Tab

(2)選択した項目を切り取る → Ctrl+X

(3)選択した項目をコピーする → Ctrl+C

(4)切り取り、コピーした項目を貼り付ける → Ctrl+V

(5)ファイルを保存する → Ctrl+S

(6)ファイルを印刷する → Ctrl+P

(7)新しいフォルダーを作成する → Ctrl+Shift+N

(8)ウィンドウを閉じる → Alt+F4

(9)すべてのウィンドウを最小化する → Windows+M

(10)ウィンドウを閉じる → Ctrl+W

(11)太字に設定する → Ctrl+B

(12)下線を引く → Ctrl+U

 

Ⅲ.まとめ

さて、いかがでしょうか。

 

今回はパソコンを使いこなして業務改善をしようというテーマでお話をしました。パソコンのショートカットは数多く存在します。

是非色々身に付けて、業務改善をして下さい。

 

ではまた!

新入社員の皆様、ご入社おめでとうございます!

こんにちは!

プロサラです。

 

昨日は4月1日、エイプリルフールでもありましたが新たな期を迎えた方々も多かったと思います。また新入社員としてご入社された方もいたのではないでしょうか。

 

今回は、そんな新入社員の皆様に私から送る言葉を書かせて頂きます。

 

改めて御入社おめでとうございます!

仕事をするという事は厳しくもあります。積み上げた事が必ず報われるとは限りません。辛い事もしんどいことも沢山あるでしょう。
皆さんにどの様に見えているか分かりませんが、私も転職して約一年、時には本当にお客様に会社に貢献出来ているのか、悩み眠れない夜も多々あります。前職でコンサルティングをしていた時もそうですが、不安を抱え、挫折感なんて数え切れないほど味わいました。

今は営業職でもあり、前職の無形商材と違い、今は有形商材を扱い、難しさも沢山感じました。


私は毎日自分に問いかけます、「今日本当にベストを過ごせたか?」と。その答えは毎日「もっと出来ることがあった、なぜ手を抜いてしまったのか?」しか帰って来ません。後悔の日々です。

 

ただ忘れないで欲しいのは、仕事ほど面白いものはありません。仕事ほど報われるものはないと思います。だってお客様にお金を頂きながら感謝される、このために私は仕事をしている、人生を過ごしていると思える瞬間を味合わせて頂ける。
だからそこ、皆様には報われると信じて情熱を持って日々を過ごして頂きたいと思います。日々ベストを尽くし、毎日を積み重ねて下さい。気が付いた時には、きっと大きな成果が出ているはずです。

 

仕事が本当に苦手でなまけものの私ですら、そう思えます。
皆様はきっと出来るはずです。ただ、行動をしなければ何も起こりません。失敗してもいいので、行動して下さい。

誰かの真似をする必要はありません。人それぞれ、その方の個性・強みがあります。その強みを伸ばしながら、皆様らしく楽しみながらベストを尽くして下さい。
皆様のご活躍を期待してやみません。

 

ではまた!

モチベーションの上がる言葉(君たちに明日はない)

こんにちは!

プロサラです。

 

モチベーションの上がる言葉のご紹介です。

今回は垣根涼介さん著書「君たちに明日はない」(シリーズ1作目)のまとめのご紹介です。

君たちに明日はない(新潮文庫)

個別にはまた改めて記事を作成させて頂きます。

 

簡単に「君たちに明日はない」という本に関してご紹介いたします。

この本は、リストラ会社の会社員 村上真介が主人公の小説です。様々な会社の様々な人と村上が向き合いながら、働き方や生き方に関して考える話となっています。

私自身もこの小説を読み、自分自身の働き方や生き方に関して大変考えさせられ、すごく勉強になった小説です。小説としても読みやすく、面白いのでお勧めの書籍です。

 

それでは、この小説にて私が心に残った言葉を下記ご紹介いたします。

 

1.リストラ最有力候補になる社員にかぎって、仕事と作業との区別が明確に出来ていない。つまり、自分の存在がこの会社にとってどれだけ利益をもたらしているのか。たとえば営業マンなら、自分が担当した商品の売値と仕入れ値の差額粗利から、自らの給与、厚生年金への掛け金、一人割のフロアー維持費、接待費、営業社代、交通費などを差っ引いた純利益として考えたことなど夢にもないだろう。会社というものが営業追及団体である以上、そこに思い至らない者はこの不景気の時代、最終的に淘汰されていってします。当然のことだ。

 

2.あえて言えば、当たり前のことを当たり前にできるよう、心がけています。ーーたとえば、ある人間についてAという情報を知ったとき、そのAから派生してくる興味ってものが当然あると思うんですけど、それに関して、心に蓋をしない。これぐらい調べれば、仕事にはもう充分だろうと思わない。そうすれば、そのAからまた新しくBという情報が出てくる。もっと立体的にその人間が浮かび上がる。話がこじれそうになったとき、相手を説得する材料が増える。その分、時間と手間はかかりますけど

 

3.上を見ればきりがない。下を見てもきりがない。比較論など無意味だ。あたしが今のあたしであることに変わりはない。だからせめて、潔く生きたい。

 

4.仕事が人を変えるのだ

 

5.基本に戻れば、いつだって物事はシンプルになる。なら、そういうチョイスをすればいい。それが自分にとっての仕事の幸せだ。

 

6.ぜんぶが全部安全なチョイスなんてありえない。だったらある程度のリスクは承知で、より納得のいく環境を選ぶしかない

 

7.音楽も私にとってはビジネスです。これで給与を貰っているわけで慈善事業とは違います。だったらまず、会社に貢献できるように利潤を出すことが私の仕事だと考えています。

 

8.つまるところ、イメージングなのだ。相手の立場になって付き合えるかどうか。そうすれば自然と涙は出る。飯だって奢る。その共感性の高さがつながりを密にする。相手を、信用させる。

 

さて、いかがでしょうか。

本当にお勧めの小説なので、興味がある方は是非読んでください。

 

ではまた!

 

 

モチベーションの上げる言葉(マイケル・ジョーダン選手)

こんにちは!

プロサラです。

 

モチベーションの上がる言葉のご紹介です。

 

今回ご紹介するのは、アメリカのプロバスケットボールNBAの選手だったマイケル・ジョーダンの言葉です。

 

マイケル・ジョーダンは大変有名でNBAやバスケットボールをあまり詳しくない方でもご存じなのではないでしょうか。

下記、簡単にご紹介しておきます。

マイケル・ジョーダンは1980年代と1990年代にNBAの世界的ブームを牽引した最重要人物であり、「史上最高のバスケットボール選手」や「バスケットボールの神様」とも評されるバスケットボール選手です。そのため「ネクストジョーダンは誰か」という議論が起こるほど素晴らしい選手です。

サッカーで例えると、ペレやマラドーナみたいなイメージです。

現在はNBAのシャーロット・ホーネッツとNASCARカップ・シリーズの23XIレーシングの筆頭オーナー兼会長であり、フォーブスのスポーツ選手長者番付1位を6回獲得しており、2020年時点の純資産は21億ドルとされています。フォーブスの「アメリカで最も裕福なセレブリティ」で4位であり、「世界で最も裕福な元スポーツ選手」でもあります。

 

15年間の選手生活で得点王10回、年間最多得点11回、平均得点は30.12点でNBA歴代1位、通算得点は32,292点で歴代5位。1990年代にシカゴ・ブルズを6度の優勝に導き、5度のシーズンMVP、6度のNBAファイナルMVP受賞。また、1984年のロサンゼルスオリンピックと、1992年のバルセロナオリンピックにおいてアメリカ代表(ドリームチーム)の一員として2度にわたり金メダルを獲得するなど輝かしい成績を残しています。現役時代の背番号23はシカゴ・ブルズマイアミ・ヒートノースカロライナ大学の永久欠番。1996年、NBA50周年を記念したNBA50周年記念オールタイムチームの一人に選出。2009年にはバスケットボール殿堂入りも果たしました。

スラムダンクコンテストでフリースローレーンからのダンクを披露するなど、その跳躍力から「Air Jordan」や「His Airness」という愛称で呼ばれていました。

 

そんなマイケル・ジョーダンの言葉が下記です。

成功は、やみくもに追い求めるものじゃない。

それに向かってたゆまない努力を重ねるものだ。

そうすれば、成功は思いがけない時にやって来る。

それがわかっていない人が多いんだ。

 

成功者の言葉って感じがしますね。

私がポイントだと思うのは、「成功は、やみくもに追い求めるものじゃない。それに向かってたゆまない努力を重ねるものだ。」というところです。

「努力をすれば報われる」「頑張った者が報われる」というのはよく聞く言葉ですが、私はこの言葉が若干間違っているように感じています。正しくは「正しい努力をした者が報われる」です。

がむしゃらに何でもやればよいというわけではありません。間違った努力をしている人も多いのではないかと思います。間違った努力が全て無駄とは思いませんが、効率的ではありません、人生・時間には限りがあります。

 

努力をする前に、一度立ち止まり努力すべきこと・正しい努力を考えてみることも必要なのではないでしょうか。

 

ではまた!

 

モチベーションの上がる言葉(羽生善治さん)

こんにちは!

プロサラです。

 

モチベーションの上がる言葉のご紹介です。

今回は、日本の将棋棋士である羽生善治(はぶ よしはる)さんの言葉です。

 

ご存じの方もいらっしゃるかと思いますが、簡単に羽生さんの紹介をしておきます。

羽生さんは、1985年に中学生でプロ棋士となり、1989年、初タイトルとして竜王位を獲得。1996年には将棋界で初の全7タイトル(竜王・名人・王位・王座・棋王・王将・棋聖)の独占を達成されました。

2017年、第30期竜王戦で15期ぶりに竜王位を獲得し、通算7期の条件を満たして永世竜王の資格保持者となり、初の永世七冠永世竜王・十九世名人・永世王位名誉王座永世棋王永世王将・永世棋聖)を達成。この功績により安倍晋三内閣総理大臣から棋士として初の国民栄誉賞を、囲碁棋士井山裕太七冠と共に授与されました。

さらに名誉NHK杯選手権者の称号を保持しており、合計8つの永世称号の保持も史上初です。

 

大変凄い方ですね。天才といっても過言ではないと思います。

 

この羽生さんの言葉が下記です。

何かに挑戦したら確実に報われるのであれば、誰でも必ず挑戦するだろう。報われないかもしれないところで、同じ情熱、気力、モチベーションをもって継続しているのは非常に大変なことであり、私は、それこそが才能だと思っている。

 

天才である羽生さんが才能と称しているのは、頭の回転とかではなく以外にも「報われないことをやり続けること」というのは驚きです。ただ、そんなことができたからこそ、前人未到のことができたのかも知れません。

確かに、報われるか分からないことで人生はあふれています。例えば、起業する人・芸能人になる人・スポーツ選手になる人、全員が成功できる(有名になれる)わけではありません。実際に成功できるのは、たった一握りの人だけです。

もちろん、サラリーマンや学生もそうです。勉強すれば必ず良い学校に入れるわけではなく、仕事も頑張っても報われないこともあるかも知れません。

ただ、報われないかもしれませんが頑張り続けることも大切なのではないでしょうか。それが難しいからこそ、羽生さんは才能と言っているのだと思います。「努力できるのも才能である」という言葉を耳にしたことがある方もいらっしゃるかと思います。

 

皆さんは何か成し遂げたい事はありますか?

あるのであれば、是非挑戦し続けて下さい。

 

ではまた!

頼みごとは試されごとである

こんにちは!

プロサラです。

 

今回は、頼みごとは試されごとというテーマです。

この言葉は、たまに言われていますので耳にしたことがある方もいるのではないでしょうか。私自身もこれまで何度か耳にしたことがあり知っていました。ただ、以前のブログにて「学びには段階がある」という記事を作成しましたが、「知る」から「分かる」になったのは、自分が部下を持ってからです。

 

purosara.hatenablog.com

 

とくに若手・新入社員の方は是非ご一読頂ければ幸いです。

 

Ⅰ.仕事を任せるというリスク

これは私だけかも知れませんが、「人に仕事を任せるのはリスクである」と思っています。理由としては、「依頼して何が不備があった場合自分に責任がある」と思っているからです。

そのため、上手くいくためのサポートも気を遣い、常にもしもの場合も想定しています。

 

また私自身わがままなので、「自分が思ったことが、思ったタイミングで、思った通り進んで欲しい」と考えています。そうなると、人に任せず自分で進めた方が確実でストレスなく進めることができます。

 

何か仕事を依頼されたとき、もしかしたら「上司から面倒な仕事を丸投げされた」と思うこともあるかも知れませんが、任せる方も大変なのです。

 

Ⅱ.頼みごとは試されごと

そんな私ですが、部下・後輩を育てることも仕事であるため、仕事を依頼するように心がけています。

ただし、やはり人を選んで依頼しています。まったくできそうもない人に頼んでも、本人が自信を無くすきっかけになりお互いストレスだからです。

 

ではどのように選ぶのか?それは、これまで仕事を依頼した際の対応結果や自分の中の信頼度です。

例えば下記の様な観点を含め、依頼する仕事内容を決めているということです。

1.どの程度のクオリティの資料が出てくるのか?

2.どの程度のスピードで仕上げるのか?

3.どの程度やる気を持って対応してくれるのか?

4.どの程度こちらの意図を汲んでくれるのか?

 

とくに初めは3番目を重視しています。初めからクオリティ(質)などはあまり望んでいません。もちろん高いに越したことはありませんが。

上記の1~4が良ければ良いほど、本人の業務量を考えながらですがドンドン仕事を依頼するようにしています。

 

もしかしたら「仕事を依頼されるのは面倒だから依頼されない方が良い」と考える方もいるかも知れません。ただ、働いているからには仕事をする必要があります。仕事をしない人は、厳しい言い方をすれば雇用する必要がありません。

仕事を得る方法は大きく下記2つです。

1.自分で0から仕事をつくる

2.人からチャンスを貰う

この2番目が人から依頼されるということにあたります。つまり人から依頼された仕事は試されごとでありチャンスです。

期待に応えていけば多くのチャンスをゲットし、できることが増えます。会社内で信頼をされたり、給与が上がったり様々良いことがあります。また何かが新たにできるようになるということは、人生における喜び(やりがい)につながると私は思います。

 

Ⅲ.まとめ

さて今回は「頼みごとは試されごと」という内容で紹介をしました。

 

是非任された仕事はベストを尽くし、期待を超えることで多くのチャンスを勝ち取ってください。仕事を依頼されたときの自分の捉え方が大切です。「面倒なことを押し付けられた」と捉えるのか「チャンスをもらったと捉えるのか」。

 

ではまた!