ポジションの罠

こんにちは!

プロサラです。

 

「ポジティブ(プラス思考)に考えよう!」「ポジティブになろう!」は必ず聞いたことがあるのではないでしょうか。また様々な自己啓発の書籍において、必ず書いてあるといっても過言ではありません。

 

ただ、このポジティブに関して負の側面が隠されていることをご存じでしょうか。

今回はポジティブの罠と題し、ポジティブの負の側面についてご紹介しようと思います。

 

そのポジティブの負の側面とは、ズバリ「ポリアンナ症候群」です。

これは1913年にエレナ・ホグマン・ポーター氏が書かれたベストセラー小説『少女パレアナ(少女ポリアンナ)』(Pollyanna)と『パレアナの青春(ポリアンナの青春)』(Pollyanna Grows Up)の主人公パレアナ(ポリアンナ)にちなんでつけられた言葉です。

 

ではこのポリアンナ症候群とは何なのでしょうか。

ポリアンナ症候群とは、直面した問題に含まれる微細な良い面だけを見て自己満足し、問題解決に至らないこと・悪い状態を想定しもしくは自分より悪い人と比較し、そうなっていないことに満足してしまうことなど、負の側面から目を逸らすことにより、現実逃避的な自己満足に陥る心的症状のことです。

つまり、良い側面だけを見て悪い側面から目を背ける現実逃避のために「ポジティブ」という言葉を使っているということです。

 

もしかしたら自分がポリアンナ症候群かなと思う方、もしくは今後思われたら下記を確認してみて下さい。

1.ポジティブ=良い、ネガティブ=悪いと思いすぎていませんか

ポジティブだから良い、ネガティブだからダメというわけではありません。どちらも良い面・悪い面があります。要はバランスだと思います。ネガティブなことを周りに振りまくのはいかがかと思いますが、ポジティブが正しいと思いすぎてはいないでしょうか。

 

2.向上心を持っていますか

向上心を持てばよいとは言いません。ですが、下ばかりを見ていたらきりがありません。現状維持は簡単ではありません。現状維持をするためには上を見続けることが必要になります。

 

3.行動をしていますか

良い面を見ていても、行動しなければ意味がありません。ポジティブに行動をすることが大切です。

 

さていかがでしょうか。

今回はポジティブの罠ということで、ポジティブの負の側面に関して解説致しました。ポジティブが悪い訳ではありません。ポジティブを逃げの言葉として活用するのが良くないということです。

 

改めて見直してみるのはいかがでしょうか。

 

ではまた!

自分が営業している商品を良いと思っているか?

こんにちは!

プロサラです。

 

今回は、「自分が営業している商品を良いと思っているか」というテーマです。営業をされている皆さんは自分が良いと思っているものを販売していますか。

 

これは非常に重要なことです。

自分が良いと思っている商品を提案している方は、自信が違います。金額にもよりますが、営業をしているということはある程度高額の商品・サービスを販売していると思います。やはり自分が良いと思っているものを販売している人・自信を持って提案してくれる人から商品・サービスを買いたいと思います。

これは皆さんも同じだと思います。例えば何か家電を買う時、やはり自信を持って商品を紹介して欲しいと思いませんか?不安そうに、自信がなさそうに提案されると、こちら側も不安になります。

 

私もたまに保険や投資など、個人営業をしていただくことがありますが自信を持っている人の話しを聞きたいと思います。ちなみに意地悪かも知れませんが、営業をしていただいた際は必ず「あなたは御社の商品を利用しているんですか?」と聞いています。個人営業をしている方のその人自身が利用していないものを買おうとは思いません。

ちなみに「自分が利用している」ということが重要です。例えば、親族・友人が利用しているというのはあまり重要だとは思っていません。自分が「身銭を切り」利用したうえで、親族や友人が利用しているというのは非常に良いと思いますが。

 

従って、商品の良さを知り自信を持って提案することは非常に重要です。

 

もしかすると、「私は会社や上司から言われたモノを売っているだけだ。いいモノだと思っていないが、変えることはできない。いいモノではないし、しょうがない」と思っている方もいるかもしれません。

これは確かに会社として販売している商品・サービスにも問題があるかもしれません。ただし、自分が変えられないことを嘆いてもどうしようもありません。変えるべきは、自分のその商品に対する捉え方です。自分ができる努力をする・変えられるものを変えるということがポイントです。

会社が存続している以上、「まったく価値がないもの」というものは存在しません。もし自分の捉え方を変えられないのであれば、販売するもの(会社)を変えるべきです。

 

ではどうすれば自分が営業している商品を良いものと思えるのでしょうか。最低限下記2点は行うべきだと思います。

1.商品を利用していて喜んでいる人の声(事例)を集める、できれば実際に使用している人にヒアリングできるとベストです。難しければ営業担当者の人に教えてもらいましょう。

2.上記も踏まえ、商品の良いところ・解決できる顧客の課題などを自分の中でまとめる。

 

さていかがでしたでしょうか。

 

今回は、自分が営業している商品に関する自信というテーマで解説しました。自信がないと顧客にその商品の本当の良さを伝えることはできません。そして営業成績も上がりません。

 

今自信がないという方は是非その良さを見つめなおしてください。

 

ではまた!

【書籍の学び】お前なんかもう死んでいる プロ一発屋に学ぶ50の法則

こんにちは!

プロサラです。

 

今回は、最近読んだ書籍をご紹介します。

 

今回ご紹介する書籍は、有吉弘行さん著「お前なんかもう死んでいる プロ一発屋に学ぶ50の法則」です。

お前なんかもう死んでいる プロ一発屋に学ぶ50の法則

 

有吉弘行さんについては、数多くの冠番組も持っており皆さん知っているかと思います。私は有吉さんが大好きで、大変尊敬しております。その理由は様々ありますが、主なポイントは下記の通りです。

1.客観的に物事を見ていること

2.基本(礼儀や約束を守ることなど)を大切にしていること

3.考えていること

 

今回の書籍は、有吉さんの仕事が無かった時期も赤裸々に描かれており興味深く、非常に勉強になります。

それでは、本書籍の学びを紹介いたします。

 

Ⅰ.結論

『いつ仕事がなくなって給与がゼロになってもおかしくない「国民総芸人時代」がやってきた。』

 

今の時代、リストラや派遣切りがいつ自分の身に降りかかってくるか分からない世の中です。そもそも働いている会社自体がいつ倒産するか分からない時代です。いい大学を出れば、いい会社に入り、給与も増えていき、結婚・出産を経験しながら、自宅を購入する。そんな今まで当たり前だったこと、この当たり前が保証されなくなったと有吉さんは書いています。

「自分は大丈夫・自分の会社は安心」と思ってはいけないのです。そしてその可能性があるからこそ、、給与が減る・ボーナスが無い・会社の倒産に今から備えておくことが重要です。

 

Ⅱ.ポイント

1.今までやってきたこともうまくいかないのに、たいした準備もしないで新しいことを始めてもどうせ失敗する

有吉さんも仕事が無いどん底時代「芸人辞めて他のことをした方が良いのではないか」「今まで自分がやってきたことは通用しないから、他で一から始めた方が良いのではないか」と思い、実際に漫画の道具を一式買われたようです。

これはサラリーマンの方も同じケースがあると思います。「今の仕事が嫌だから、転職しよう」「自分で店を出そう」と思う方もいらっしゃいます。

ただたいていは失敗すると言うのです。なぜか、今までやってきたこともうまくいかなかったのに、たいした準備もしないで上手くいくはずがないからです。

おっしゃる通りですね。「嫌だから、他」という様な考えはただの逃げだと思います。

 

2.「ゼロから1にする」のはすごく大変

ゼロになったらどうあがいても無駄だと有吉さんは書かれています。それなら「1を5」にする方が簡単です。したがって、仕事が無くなってから努力するのではなく、仕事があるうちに努力する。

忙しい中いろいろな仕事がある中で努力すれば、その頑張りが認められひとつの仕事から次々広がっていく可能性があります。仕事が無くなってからでは、努力のしようもありません。

 

3.いざというときのために「逃げ道」を作っておく

例えば、会社がつぶれたとしてもリストラされたとしても「俺はこっちの仕事がある・資格をもっているから大丈夫」と思える、いざという時の逃げ道を持っておくことが大切であると有吉さんは書かれています。それがあることにより、金銭的にもそうですが、精神的に極限まで追い詰められないからです。

 

これは以前私が書いた下記と似ていると思います。私も収入源を一つにしないというのは非常に重要だと思います。

purosara.hatenablog.com

 

 

Ⅲ.まとめ

さていかがでしょうか。

今回は、有吉弘行さん著「お前なんかもう死んでいる プロ一発屋に学ぶ50の法則」に関して紹介をしました。

 

自分が働いている会社が倒産する・自分がリストラされる可能性は誰でもあります。テレビの中の世界ではなくなりました。だからこそ、その場合を想定して、まずはそうならないために、なったとしても困らないために今からできることをしっかりと行いましょう。

 

単純に面白く、他にも学べることが沢山あります。

興味がある方は読んでみて下さい。

 

 

ではまた!

 

コミュニケーションをする際のポイント

こんにちは!

プロサラです。

 

皆さんは周りの方々と良い人間関係を築いておりますでしょうか。

もし「築けていないかも・・・」と思われる方は、良い人間関係を築きたいと思っておりますでしょうか。

人と良い人間関係を築くためのポイントはコミュニケーションにあると私は思っております。そのため、今回はそのコミュニケーションのポイントに関して紹介したいと思います。

 

まず私は、コミュニケーションのポイントは下記2点だと思っています。

1.コミュニケーションの取り方

2.コミュニケーションの内容(質)

 

それでは上記を簡単にご説明いたします。

 

Ⅰ.コミュニケーションの取り方におけるポイント

コミュニケーションをとるにあたって、まずはスピードという観点が挙げられます。一概に言えませんが、基本的に連絡は早いにこしたことはありません。私は、連絡が来たらその場で返信をする、遅くとも24時間以内に返信をするということを決めています。

皆さんもメールやLineを送り、なかなか返事が無くイライラしたり「相手が見ているのかな」と心配になったりしたことがあるのではないでしょうか。つまり、悪気がなかったとしても返事のスピードにより相手にストレスを与えてしまう場合があります。

また人間の脳の構造上、「連絡をしなければならない」というのが頭の中にありながら他の仕事をすると生産性が落ちるということが科学的に証明されている様です。

 

次にコミュニケーションの手段が挙げられます。私は営業においてとくにこのことを気を付けています。人により、好ましいコミュニケーション手段が異なります。電話がいい人・メールがいい人・面談をしたい人、また(緊急な場合などと除き)○○のコミュニケーションの手段はあまり好まないというものがあったり様々です。

また取る時間もあるでしょう。例えば、企業様によっては「9:00~9:15は朝礼をしているから電話は避けて欲しい」という企業様もございます。

 

コミュニケーションを取る際は、どのように取るのか注意を払いましょう。

 

Ⅱ.コミュニケーションの内容(質)

2つめのポイントはコミュニケーションの内容(質)です。

 

お互い多忙だと思いますので、無駄にコミュニケーションを取れば良い訳ではありません。もちろん、コミュニケーションを取ることが目的になることもあります。どのような内容のコミュニケーションをするのかというのも重要なポイントです。(楽しいも含め)お互いにとって成果のあるコミュニケーションを取ることが求められます。

 

また相手に違和感の与えない言葉を使うことや、相手のリズムに合わせることも大切です。基本的な考え方としては、「自分が」ではなく「相手にとって」何が良いかを考えることです。

 

そして基本的に話を聞くときは相づちをし、微笑みを添えましょう。

「相手の話を聞いていますよ」という姿勢は非常に重要です。また相づちに関しては大げさかなと思うぐらいが丁度いいと思います。自分では頷いているつもりであっても、相手には伝わっていない場合があります。

 

Ⅲ.まとめ

今回は、良い人間関係を築くポイントであるコミュニケーションに関して解説しました。

 

コミュニケーションは気遣いだと私は思っています。是非良いコミュニケーションを行い、良い人間関係を築きましょう。

 

ではまた!

学びの深さには段階がある、しっかり学びを深めよう!

こんにちは!

プロサラです。

 

このブログをご覧いただいている方は、モチベーションが高く、本を読んだり講演を聞いたり様々勉強をされていると思います。ただ、「学びの深さ」に関して意識されていますでしょうか。

 

もう少し言えば、「学んで終わり」になっていないでしょうか。

例えば、本を読んで読みっぱなし、講演を聞いて聞きっぱなしという様なイメージです。学びの深さにも段階があります。この学びの段階を意識することが大切だと私は思っています。

 

今回は、学びの深さに関して紹介したいと思います。

 

では具体的にどのような深さの段階があるのでしょうか。それは下記の通りです。

1.知る

2.分かる

3.行う

4.できる

5.分かち合う

 

それでは上から簡単に解説いたします。

1.知る

学んだ状態だと私は思っています。本を読んだ・話を聞いた後の状態です。

 

2.分かる

知った上で、「理解」した状態です。お分かりだと思いますが、「知っている」のと「理解している」のは違います。本当に自分の中で腑に落ちているか、自分の言葉で説明できるかが分かっているかのポイントです。

 

3.行う

行動している状態です。学んだことを行動につなげているでしょうか。そもそも学ぶのは今後に活かす為です。学んでも行動しなければ意味がありません。分かった上で行動しているか、ご確認いただきたいと思います。

 

4.できる

行動から「できる」までに落とし込んだ状態です。

早く・正確に行動できるというのもあると思いますが、「意識をせずに」行動ができている・身についている状態だと思っています。

 

5.分かち合う

自分ができたうえで、人に教えることができる状態です。

この状態に行くには、これまでの段階を積み重ねなければ困難です。

まず「分かり(理解し)」自分の言葉でしっかりと説明できるようにしておく。(言語化できている)自分が「行った(行動した)」うえで、「できている」ことが求められます。(自分ができていないと、人に教えても「ほんとか?」と思われてしまいます。)

 

さていかがでしょうか。

是非この学びの深さを意識しながら、様々なことを学んでいただきたいと思います。

ちなみに、ブログを書くというのは、学びを深める仕組みとして非常に優れているのでお勧めです。「分かち合う」に落とし込む仕組みとして大変良いツールです。 

 

もしよければ、是非ブログも活用して下さい。

 

ではまた!

モチベーションの上がる言葉(大迫傑選手)

こんにちは!

プロサラです。

 

今回は、モチベーションの上がる言葉のご紹介です。

 

今回ご紹介するのは、東京五輪男子マラソンで6位入賞をされた大迫傑選手のインスタグラムに投稿された言葉です。

スキージャンプ女子の高梨沙羅選手が、自身のインスタグラム「ストーリーズ」に、引用したニュースが流れたため、ご存じの方も多いのではないでしょうか。

 

実際に投稿された言葉が、下記です。

 

もう一度闘いたい。勝ちたい。本当にそう思ってる?熱量下がってない?今まで以上にやれるの?色々中途半端にならない?そんな疑いを置き去りにする為に走る。昨日自分に負けたら、今日勝てばいい。少しずつ勝てる頻度を増やしていく

 

いかがでしょうか。

さすがアスリートの言葉という感じがします。

 

ただ、これはアスリートに限らず全職業に置き換えることができるのではないでしょうか。

私は「自分が求める成果・夢の達成に向け、本当に今全力を尽くしていますか?」と言われているように感じます。多分やりたい事、達成したい目標がある人は多いのではないでしょうか。ただ、そのやりたい事や目標を常に意識し、その達成のために日々全力を尽くせている人は少ないと思います。

少なくとも、私は「毎日全力を尽くしていますか?」と質問されたら、明確に「YES」と答えることは正直できません。やはりダラダラしてしまった日、くさってしまった日もあります。

 

「昨日自分に負けたら、今日勝てばいい。少しずつ勝てる頻度を増やしていく」とありますが、この言葉・色々な言葉や体験を通し、ダラダラする日があってもその毎日が続かないように、昨日だらけてしまったら、今日は目標に向けて行動ができるように。そして、目標を意識し行動できる日が増えるように。

色々なものに刺激を貰い、弱い自分を高めて行きたいと思います。

結局人生は、今日・今の積み重ねでしかありません。つまり、今日・今どれだけ勝負ができるかが大切です。ただ、人間は強い人ばかりではありません。そんな人が、このブログを見て「自分も頑張ろう」と思えるような記事を書いていきたいと思います。

 

もちろん自分自身も頑張ります。

 

ではまた!

飲みにケーションを大切にしよう!

こんにちは!

プロサラです。

 

皆さんは「飲みにケーション」をしていますか?

 

こんなことを言うと、「飲みにケーションなんて古い」と思われる方もいるのではないでしょうか?

わざわざプライベートな時間に会社の人(仕事関係の人)と飲みに行きたくない・・・

何を話していいか分からないし、気詰まり・・・

などなど思われる方もいると思います。

 

「飲み会の時間は残業代は発生しますか?と言われた」というような逸話も聞いたことがあります。

 

最近はコロナの影響もあり、とくに飲みにケーションが減っていますが私は凄く重要な機会であると思っています。

 

Ⅰ.飲みにケーションの重要性

ではなぜ私が飲みにケーションが重要だと思うかというと、下記の様な良い点があるからです。

 

1.様々な話しが聞ける

これはよく言われることであり、一番の良い点なのではないでしょうか。

業務中に聞く事ができないような様々な人の色々な話しを聞く事ができます。

私も上司や先輩と頻繁に飲みに行き、仕事のコツや心掛けていることをよく質問していました。

飲みの場で聞いたことが、仕事に活きることもかなりあります。

 

2.コミュニケーションをとるいい機会になる

コミュニケーションをとる機会になります。

誰かと親しくになるにあたって、接点数(コミュニケーションの頻度)は非常に重要です。また、お酒が入ると本音が出やすく深い話しができたりもします。

上司や先輩も人間であり、感情があります。飲み会で上司や先輩に媚びを売れということではありませんが、飲みにケーションで親しくなったことが意外に業務時間にも活きたりすることもあります。

 

3.お酒の嗜み方が分かる

営業でお客様と飲みに行く機会がある方にはとくに重要です。

お客様の前で失敗(粗相)は出来ません。もちろん、上司や先輩の前でも失敗をしない方が良いですが、お客様の前で失敗するよりはましです。

飲み行くことで、自分の飲める量の限界が分かります。また体質的に全く酒を飲めない人は別として、「お酒が弱い」程度であれば、ある程度お酒を飲んでいると飲める量が増えます。

また人と飲みに行くと自分ではいかないような店に行く機会があるため、新たの場の楽しみを知ることができます。そのため、お客様と行ったときも困ることがありません。

 

Ⅱ.こんな飲み会にはいくな

とは言え、全ての飲みにケーションが良いとは思いません。私も行かない方がよい飲み会(飲みにケーション)もあると思っています。

それは下記です。

 

1.無理に飲まされる飲み会

私自身も、もともとあまりお酒が飲めません。これは体質的な問題です。体質的にお酒を飲めない方もいるのではないでしょうか。

しかしお酒が好きで強い人にはあまり理解してもらえません。

無理にお酒を飲むと、最悪急性アルコール中毒になってしまう可能性があります。

 

2.仕事の詰めをされる飲み会

日々の仕事に関してずっと詰められる(怒られる)飲み会です。

もちろん、詰められる理由・非があるのは事実かも知れません。ただ、わざわざ仕事以外の時間で、仕事のことで詰められる必要はありません。

それにこのような飲み会は全く面白くありません。まだ上司や先輩などがお金を支払ってくれるのであれば救いようがありますが、詰められ嫌な思いをして時間とお金を使うのは馬鹿らしいと思います。

 

3.愚痴や不満ばかりの飲み会

たまにはそのような飲み会も良いと思います。

ただ、飲みの場で愚痴や不満ばかりを言っていても解決しません。また他の人がそのような話しをしているのを聞くとモチベーションが下がります。

 

Ⅲ.まとめ

さていかがでしょうか。

 

今回は飲みにケーションの重要性に関して解説致しました。

私自身はあまりお酒が飲めませんが、飲みにケーション自体は非常に好きです。また積極的に機会を設けるようにしています。

無理に飲まされたくないので、初めての方と飲み行く際は「あまりお酒は飲めませんが場は好きなので、もしよければ行きましょう」ということも事前に伝えます。

 

皆さんも是非飲みにケーションを活用してみましょう。

 

ではまた!